読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/4 「輝く人」

雨が降って急歩大会が順延になった

彼女のスピーチは賞をもらっていた

焼肉の臭いを纏ってバスに乗った

f:id:nidonenidone:20161004230303j:image

 

10/4が来た

1年前に全部変わってしまった

1年前に全部始まった

 

家族の外に

こんなに近い人との関係持ったのは

初めてだった

 

 

時間とそれに詰まった色々を

2人で過ごしてみた

 

考え方が変わった

自分の弱さと醜さがわかった

わからないこともあると知った

限界の存在も感じた

 

彼女はとてもひねくれていた

自分と違う生き方をしていた

他人の感情の脆さを知った

優しいことは簡単ではなかった

 

 

色んなところに行った

2人だけのことがたくさん増えた

いくらでも話をした

季節の主役は僕たちだった

 

他人の存在を感じるようになった

自分の好きなところを教えてくれた

自分は自分でいいとわかるようになった

なんでもできる気分になった

 

彼女はとびきり優しくて素敵だった

感受性のスポンジみたいな人だった

絶対に僕を馬鹿にしなかった

ずっと好きでいてくれた

 

 

 

ハリボテだった自分に

ひとつ意味が与えられた

 

今、僕は

あなたといることが

何よりも嬉しくてたまらない

 

 

1年